サイトへ戻る

フリーランスでやっていくための最初のステップ

· フリーランスになる準備

フリーランスは、特定の企業や団体に組織せずに、仕事に応じて契約を行う人のことです。フリーランスになることに手続きは特に必要がありません(厳密に言うと会社や団体に所属をしていたら、所属から外れる必要はあります)が、やっていくために一番に考えることとは。

フリーランスとしてやっていくために大事なこと

フリーランスとしてやっていくためには、収入を得続けられる環境にすることが大切です。所属をすることで、仕事と報酬までセットになっていた会社員とは異なり、仕事を受ける契約がなければ収入を得て、生活していくことはできません。

仕事のためのドキュメントや環境を整えることも必要ですが、「フリーランスとしてやっていくために」仕事を請けるためのイメージをつけることが、重要なステップといえます。

フリーランスとして仕事を請ける方法

フリーランスとして仕事を請ける方法として、代表的なものは以下の通りです。

仕事を受注できるサイトを利用する

クラウドソーシングのサイトや、登録することでクライアントから仕事を受注することができるサイトがあります。サイトによっては仲介料が差し引かれます。サイト経由で発注するユーザーは、サイト内外に掲載されている条件や実績、評価などを比較しています。他のユーザーと比較し、PRするための準備をしておくと良さそうです。

フリーランス用のエージェントを利用する
エンジニアやデザイナー、コンサルタントなどの職種を中心に、フリーランスのためのエージェントサービスを行なっているところがあります。エージェントが自分に合った業務を紹介してくれます。
エージェントは仲介料を得るビジネスをしているので、エージェント業務をするのに旨味のある仕事・業界でないと紹介は受けられません。直接取引に比べると仲介料が差し引かれます。

案件の確認と、登録に必要なレジュメ等を準備しておくと良さそうです。

知人・取引先などから紹介を受ける

知人や取引先、場合によっては今働いている職場から仕事を請けることも選択肢に入れられます。基本的には直接契約となるので、仲介料がひかれることがないことがメリットです。また、知った仲であれば、意思疎通がしやすいことも安心材料です。一方で、就業規則などで禁止されている場合もあるので、確認が必要です。

交流会・知人のつてを利用する

交流会に出席したり、知人のつてを利用する方法もあります。交流会や知人のつては、すぐに仕事に繋がらなくても、ひょんなタイミングで仕事を請けることもあります。声が掛かるよう発信したり、相談を受けやすい状況にしておく必要もあります。知人の紹介でも、必要な条件などは早めに確認しておくで、お互いの工数を減らすことができます。

複数の方法で仕事を請けることも可能です。フリーランスになるタイミングで収入の見込みが立つように何をすべきか考えるのが、オススメの最初のステップです。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK